スタッフブログ

木造住宅を選ぶこと(リフォームに最適)

住宅に使用されるスギやヒノキは、植えて、育てて、使えるようになるまでに通常40~50年という

長い年月が必要です。

その間、木材を無駄に使い捨ててしまうのではなく、大切に使い続け、資源の循環を助けることが必要です。

 

 

 

 

木造住宅、特に木造在来軸組工法はライフステージにあわせたリフォームや増改築が可能で、40年、50年

さらには100年後も快適に暮らせる工法です。

また、維持管理を正しく行うことで、長寿命で環境にも家族にも優しいと言えます。

将来のことではありますが、子育ての終わりや介護の必要など、家族に起こりうる新たなニーズをしっかり

確認し、納得できる家づくりが大切ですね。

ページトップへ戻る