部屋を暖めるには足元から!!!

おはようございます☺ 本日の美濃加茂市、朝7時の気温は8℃です。

例年に比べて暖かい日が続いておりましたが、急に冷え込むようになり体調を崩される方も多い

と思います。

 

このような寒い時、有ると便利だなと思うのが 床暖房 です。

エアコンだと「足元が寒いのに、頭がボーッとする」、こたつやホットカーペットだと

「部屋全体が温まらない」と感じることがありませんか?

 

床面全体をほぼ均一に温める床暖房なら、部屋の上部が暖まることでのぼせる感覚は少なく

床からのふく射熱と熱伝導による暖かさを感じることが出来ます。

 

床暖房には、“電気式”“温水式”の2種類のタイプが有ります。

こたつやホットカーペットと違い、季節の変わり目で出し入れをする必要が無いのも魅力的ですよね♪

 

寒い冬は、ご家族と暖かく快適なお家で過ごしていただきたいです。

御自宅の室内リフォームをお考えの方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

冬も暖かい家にするリフォーム

10月半ばから気温がグッと下がり、時折強い風も吹いていますね。

これからの季節、朝寒くてなかなか布団から出られないなんてことも良くありますよね💦

そこで本日は、寒さの原因と解決方法についてお話します!

窓の断熱性能冬に家の中が寒く感じる原因の多くは、窓からの冷気によるものです。

窓は光を取りこむ大切な役割がありますが、壁に比べて断熱性能が低いため、熱の出入りが大きいという弱点を持っています。

特に築年数が古い家の窓は、アルミの枠に1枚ガラスが入っているだけということが多いので、いくら暖房しても熱がどんどん逃げてしまい、家の中は寒いまま。光熱費もかさんでしまいます。

冬に寒さを防ぎ、暖かく過ごすためには窓から熱が逃げないよう工夫をしておくことが欠かせません。

窓の対策リフォームは意外と簡単で、短時間でできて効果が大きく、冬に暖かい家になるのはもちろん、光熱費の節約にもなりますよ♪

床の断熱性能築年数が古い家は、床下に断熱材が入っていないケースも多く、床板の真下がすぐに冷たい地面ということも。

これではいくら部屋を暖房しても、足元から冷気が忍び寄ってくるので底冷えがしてしまいます。

床の断熱性能を上げるためには、床下に潜って断熱材をはめこむだけ、もしくは吹き付けるだけの手軽なリフォームがあります。工事は約1日で完成します。

厚手のカーペットを敷いたり、フローリングを二重張りにしただけで寒さが薄らいだ家もありますで、ぜひお試し下さい♪

また、カーテンの掛け方や、暖房器具の置き方など、インテリアの工夫でも冬を暖かく過ごすことができるので是非試してみてください❕⛄

コロナ終息に向けて明るく元気に!!

 

コロナ禍緊急事態宣言減も取れて少しづつ生活のスタイルも変わりつつ皆さんと住まいを通じて快適に暮らせるご提案を応援させていただきます!!

 

その1つに秋の住まい応援キャンペーンを開催しました🍁

 

  添付資料をご覧になっていただき、何か住まいのお悩み等ございましたら一緒に解決して幸せな暮らしができますよう頑張っていきましょう。

住まいも痛んでいるところを直すばかりでなく、お金の使い方や我慢しなくても快適に暮らせていける大変好評なお金塾も是非ともお聞きください。

個別に相談にも伺っていますのでお気軽にお声をかけて下さい。

今まで沢山の方が参加されて満足の声を頂いていますので、今回ご紹介するチラシを見たらぜひ参加してみてくださいね!!

皆様もこれから快適な暮らしができることを今すぐ始めましょう!!

『リフォーム』の秋

季節も秋になりました🍁

秋といえば、食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋と色々言われますが、皆様はどんな秋を楽しみますか?

実は、秋はリフォームに適した季節でもあります

リフォーム工事中は窓を開けられなかったりドアが開けっ放しになったりと大変な事が有ります。

暑い夏や、寒い冬、花粉の多い春には避けたくなる事がいっぱいです。

日本の四季の中で、秋が一番最適な季節とも言えます。

そんな秋に最適なリフォームを紹介します♪

 

  1. 1. 水回り(浴室やキッチンなど)

 日常生活において水回りは一時も欠かせないものです。

工事中はそれが使えませんので代わりの手段が必要になります。

負担を減らすには、気候の良い季節の工事をお勧めします。

例えば、浴槽の工事中は、銭湯などを利用したりします。シャワー等使いたい夏は工事を避けたくなります。冬の寒い時期は銭湯でせっかく温まった体が、帰りに冷えてしまいます。

 キッチンは、工事中お弁当を買ってくるか、外食になります

暑い夏、寒い冬は大変です。

 

 

 

 

2. 塗装工事

塗装工事に最適な気温は、15度から30度と言われます。

湿度は20%から60%です。

からっと晴れた秋は四季の中で最も良い季節と言えます。

 

このように秋は様々な面で過ごしやすい季節と言えるでしょう。

是非、この機会にリフォームを検討してはいかがでしょうか♪

 

天網恢恢疎にして漏らさず

『天網恢恢疎にして漏らさず』(てんもうかいかいそにしてもらさず)

僕の好きなことわざです。

天が悪い人を見つけ出すために張り巡らされた網の目は粗野で粗いかもしれないが、悪人は誰一人として逃すことはないということです。

つまり、悪いことすると罰が下るよ、天の神様は見逃さないよ、といった意味です。

で、ここからが本題。

 

人口が増加した昨今、神様も多忙であちらこちらに目を向けられません。

暑さも一段落し、秋を感じるこの時期からが一番、泥棒、空き巣が多いといいます。

締め切ってのエアコンから、涼しくなり窓を開けておく事が多くなるからだと言われています。

昔は天の神様に見張られていましたが、この現代社会において見張りは防犯カメラ📷なのでしょう。

ということで、お客様宅にカメラを取り付けて来ました。

 

選定した商品はパナソニックの外でもドアホンとワイヤレスカメラ。

インターホン交換希望でしたのでこちらの商品を提案しました。

 

・ワイヤレス接続だから設置が簡単

・テレビドアホンのSD メモリーカードへ録画可能

 

等々、お施主様のご希望に沿う商品でした。

電源線さえあれば、外部ワイヤレスカメラ設置可能ですので、工事も比較的スムーズに運び、工事は完了しました。

これで防犯対策もバッチです。

 

天の神様が見逃したとしても、カメラは見逃してくれないでしょう。

お終い。

森林浴の6つの効果

皆さん、おはようございます!

私は先日、仕事で八百津町の山に行きました。

日向での気温は他とあまり変わりませんが、日陰に入って休むと山の奥から心地よい風が流れてくるのを実感し、空気も澄んでいてとても癒されました。

皆さんも、自然に囲まれる場所で癒された経験などありませんか?

山や川などの自然は、人体に良い影響を与えると言われています。

今日は、そんな自然で行える 『森林浴』 のお話をしたいと思います。

太古の昔、この地球は森におおわれた緑の星でした。

それからながい時が流れ文明が高度に発達した現代、たくさんの緑は失われて都会の空気の中で私たちは当たり前のように暮らしています。

今から約20年程前に、当時の「林野庁」の提唱で、樹木に接し、癒しを求める行為として 『森林浴』 という言葉がうまれました。


森林浴』 には様々な効能が期待されています。

森林浴は身体に良いとされており、欧米では森林浴セラピーや自然療法として森林浴が実際に医療の現場で実用化されており、保険が適用される国もあります。

森林浴はとても健康的で、次のような効能が期待されています。

*ストレスホルモンの減少

*副交感神経活動が活発

*交感神経活動抑制が活発

*血圧、脈拍数低下

*たんぱく質増加

*病気に対する免疫力UP

 

このように、自然には様々な効果があると言われています。

コロナ禍で人込みを避けて外出したい方に是非オススメします!

但し、山川には危険も沢山潜んでいますので、くれぐれも安全な場所へお願いいたします。

 

公園施設の修繕工事

皆さん、お盆休みはどうお過ごしでしたか?

連日の雨とコロナ禍ということもあり、お家で過ごされた方も多いと思います。

雨の日は気分も沈みがちですが、普段はしないけどやってみると楽しいことを雨の日に行うと、徐々に雨に対するイメージが変わってくるみたいですよ♬

さて、本日は弊社で行った工事をご紹介します。

 

某公営公園内で行っていました屋根改修工事が完成いたしました。

建物は築何十年、茅葺き屋根の商店を別の場所から公園に移築して、さらに18年経過した物件です。屋根の茅の傷みが激しく、維持が難しくなったため改修工事を行わさせて頂きました。

 

before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改修内容は、既存の茅葺き屋根をそのまま(一部解体有り)にして、上から覆い被せるように木材で下地を組み銅板一文字で仕上げる作業でした。

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成直後は、陽の光が反射して輝いて眩しかったです。いずれ風雨にさらされて年月が経つと、風合いのある色合いになると思います。

 

今回は少し工事内容が特殊な案件でしたが、住宅でも同じ事がいえると思います。

やはり、屋根が傷んでいますと雨漏りが発生しやすく建物の劣化原因になります。住宅の屋根改修方法はいくつかあります。

屋根状況にもよりますが、既設屋根をそのままに耐候性塗料での塗替え・金属葺き(カバー工法)、既設屋根材を撤去し金属葺き・瓦葺きなどがあります。

傷みが酷くなり不具合が発生する前に、一度屋根改修をご検討されてはいかがでしょうか。

家庭に潜む 夏の結露と対策

気が付けばもう8月、、、日差しの強い日が続きますね💦
ところで皆さん、結露ってご存じですか?結露とは、室外と室内の温度差が大きい時に空気中の水蒸気が冷やされて水滴になる現象です。冬に起きるイメージが大きい結露ですが、実は夏でも起きています。そこで、今回は夏型結露を防止する方法を3つお話します♪

 

① 湿気が生まれやすい場所をチェック✐

 結露は空気中の水蒸気が凝結してできるため、湿気をためないことが肝心です。日本は高温多湿の国のため、特に湿気が気になります。浴室やキッチンなどの水回り、またタンスや本棚、ソファーなどが壁に接していると、家具の背後で空気がよどみ、建材や家具に水蒸気が吸収されてカビが発生しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

② 家具の配置で一工夫

 結露を防ぐ対策としては、空気を滞留させない工夫が必要です。家具を壁にピッタリつけず、隙間を空けて風通しをよくしておきましょう。特に押入れや下駄箱は、湿気がたまりやすくカビが生えやすい環境です。時々、扉を開けたり、中のものを外に出して風を通すなどしたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

③ こまめな換気

 結露対策だけでなく、普段から換気は重要です。特に夏は、エアコンをつけっぱなしにすることが増えるので、換気を忘れがち。特に何もしなくても室内の空気は、人の呼吸による二酸化炭素、料理による湿気、ホコリなどで汚れていきます。
キレイな空気を保つために、換気扇の掃除も忘れずに!

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?今回は「家庭に潜む 夏の結露と対策」についてお話ししました♪
意外と知られていない夏型結露。カビの原因にもなるので小さなお子様がみえるご家庭は
今回の対策をぜひ実践してみてください❕

 

コロナ禍大人のお金塾セミナーで皆さんの明るい笑顔

コロナ禍の今、(株)佐合木材リファイン可茂として皆様に少しでも応援出来るよう日々取り組んでいます。その中の一環で6月26日27日SRイベントで大人のお金塾セミナー💰を開催させていただきました。

 

コロナの中セミナー参加者8組の予定でしたが9組の方に参加していただきありがとうございました。イベントに参加された方は大変為になる内容で意見等のやり取りがあり活気あるイベントで時間が過ぎていきました。

 

コロナ禍の我慢しなくても少しでも家計に優しく、お役立情報が一杯聞けて参考になりました、”早く知っておいた方がよかったわ”と言われた方も多かったです!

 

今回イベントに参加できなかった方へも個別相談を承りますのでお気軽にお問合せ下さい📞

 

これからも(株)佐合木材は地元で皆様に快適な暮らし方ができる応援活動をしていきますので是非とも参考にして見てください!

 

ご自宅でできるウイルス対策 3つの方法

こんにちは。ワクチン接種も始まりましたが、まだまだコロナウイルスが気になりますよね。
ご自宅に小さなお子様やご年配の方がいらっしゃるご家庭では、お仕事や外出先から家の中にウイルスを持ち込まないことが重要になります。
今回はそんな悩みを解決する方法をご紹介します。

 

①玄関のドアを変える

皆さん、抗ウイルス加工って知っていますか?
抗ウイルス加工とは、ドアの表面に付着した特定ウイルスの数を24時間で99%以上減少させることができます。玄関やリビングのドアって誰もが触れる場所なので抗ウイルス加工のドアにリフォームすることで効果が期待できます。

 

②照明スイッチを変える

玄関に入って照明のスイッチをつけ、靴を脱いで、、、よくある光景ですよね。
照明のスイッチは誰もが触る場所なので、スイッチ式の照明からセンサー式の照明に変えることで効果が期待できます。

 

③玄関付近に洗面台を設置する

玄関から洗面台までの距離って意外とありませんか?距離が長いと無意識のうちにあちこち触ってしまい、ウイルスが付着する可能性があります。そんな時、玄関付近に洗面台を設置するのも効果的です。遊びから帰ったお子様もすぐに手を洗うことができますね。

 

いかがでしたか?
今回は家の中にウイルスを持ち込まない対策をご紹介しました。
これでウイルス対策への不安も解決することができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ご相談はこちらから
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る